July 29, 2014
cake-stuff:

Delicious cakes, cookies, dessert & other sweet food | http://cake-stuff.tumblr.com/

cake-stuff:

Delicious cakes, cookies, dessert & other sweet food | http://cake-stuff.tumblr.com/

July 29, 2014

bobbycaputo:

Happy 15th Birthday Chandra X-Ray Observatory

Fifteen years ago, NASA’s Chandra X-ray Observatory was launched into space aboard the Space Shuttle Columbia. Since its deployment on July 23, 1999, Chandra has helped revolutionize our understanding of the universe through its unrivaled X-ray vision.

Chandra, one of NASA’s current “Great Observatories,” along with the Hubble Space Telescope and Spitzer Space Telescope, is specially designed to detect X-ray emission from hot and energetic regions of the universe.

With its superb sensitivity and resolution, Chandra has observed objects ranging from the closest planets and comets to the most distant known quasars. It has imaged the remains of exploded stars, or supernova remnants, observed the region around the supermassive black hole at the center of the Milky Way, and discovered black holes across the universe. Chandra also has made a major advance in the study of dark matter by tracing the separation of dark matter from normal matter in collisions between galaxy clusters. It is also contributing to research on the nature of dark energy.

Chandra orbits far above Earth’s X-ray absorbing atmosphere at an altitude up to 139,000 km (86,500 mi), allowing for long observations unobscured by Earth’s shadow. When it was carried into space in 1999, it was the largest satellite ever launched by the shuttle.

To celebrate this incredible instrument’s 15th birthday, the Sifter has compiled 15 standout photos Chandra helped capture over the years.Click here to see the complete Chandra X-ray Observatory gallery on Flickr.

(via do-nothing)

July 29, 2014
"何十年も単身赴任中の父親からのモーニングコールで毎朝起こされてるお母さんを不思議に思って「これ結構前からやってるよねw」と訊いてみたら「えっと…高校からだからもう30年くらい…?これ以外だと起きられないし…」などというその辺のリア充を軽く凌駕するクソ惚気が返ってきたので声がでない"

Twitter / AVE_EEE (via valvallow)

July 28, 2014
"

私が思う必要な訓練は
「知らない人についていかない」といった言い聞かせではなく
知らない人に誘われたら、「誰かに言ってくる!」と答えて、
誰かに言いに行く。 という訓練だと思うのです。

小学校でも、幼稚園でも、

先生:「知らない人に道を聞かれたら?」
子供達:「待ってて、誰かに言ってくる!」
→「誰か」を見つけに走って伝える。

先生:「じゃあ、知らない人がお母さんが病気だよ早く乗って!と言ったら?」
子供達:「待ってて、誰かに言ってくる!」
→また「誰か」を探して伝える。

つまり知らない人を疑う判断を子供にさせるのではなく
「待ってて、誰かに言ってくる!」
これを必ず言うことを教育するのです。

先の訓練では例えば周りに大人がいない状況を作り、
職員室なりに大人を探しに行かせる。
友達に伝える子には「50点!大人に言ってね」とダメ出しをする。

「待ってて、誰かに言ってくる!」という表現は
相手が疑わしくても優しく見えても、 見知った人でも
いずれにしても気遣いなく発しやすいです。
「待ってて」という言葉が「相手への信頼」を示すからです。
かくして、
良い人なら待ってますし、悪い人ならすぐに離れます。
子供自身も「待ってて、誰かに言ってくる」と言ったからには
次の行動は即座に場を動くことになります。

"

所属:少数派 【子供達へ…自分を守るオマジナイ】
これはかなり有効な訓練だと思う。 (via ataru-mix)

「自社に持ち帰って確認いたしますので、少々お待ちいただけますでしょうか」
つまり権限範囲を超える問い合わせについて、その場で顧客に答えるのではなく「持ち帰って確認いたします」という事を教育するのです。
良い顧客なら待ってますし、悪い顧客なら怒鳴られます。

(via yukiminagawa)

(via abgk)

July 28, 2014
"今回の裁定を契機に,検索エンジンの運営者は,検索結果として表示される個人の過去の情報に関し,EUデータ保護指令の解釈として,より情報の内容に踏み込んだ自主的な判断が求められるようになった。Microsoftも検索エンジンBingについて,検索結果からのブロック申請フォームを開設しており,その他の検索エンジンの運営者の動向も注目される。検索エンジンの影響力の大きさに鑑みると,その自主的な判断の蓄積は,今後のインターネット上のルールの在り方として意義深いものになろう。"

E1585 - 「忘れられる権利」をめぐるEUの裁定とGoogleの対応 | カレントアウェアネス・ポータル (via do-nothing)

(via petapeta)

July 28, 2014
"子供が作文苦手で、作文なんて将来何の役に立つんだよ!って言うので、お父さんの今の仕事の半分以上は作文だぞって教えてやった。"

Twitter / cpu4edu (via valvallow)

July 26, 2014
"パスモが便利だ。定期を定期入れから出さなくていい。 しかしもともと(15年ぐらい前の)定期はそういうものだった。駅員に見せればよかったのだ。非接触。喜んでるけどもとにもどっただけという気がする。 携帯電話もメモリがあるので電話番号を意識せずに電話をかけられる。でも大昔の電話って交換手に話したい相手の名前をいえばよかったらしいじゃないか。番号を暗記しなければならない不便な時代を超えて、もとにもどっただけだ。 回転寿司も人気の店は食べたいネタを店員にいうのだ。これも元に戻ってる。 便利になったものは実は元に戻ってるということがわかったので、iPodの新型はカセットテープが入ってると思う。"

モドール (webやぎの目) (via otsune, yoshiori) (via gkojay) (via mnak) (via misticwinds) (via r-second) (via kobazo) (via layer13) (via miyaalpha) (via jutememo) (via nemoi) (via atm09td) (via usaginobike)

July 26, 2014
"

In the end, only three things matter: how much you loved, how gently you lived, and how gracefully you let go of things not meant for you.

「最期には三つの事だけが重要だ。いかに愛したか、いかに優しく生きたか、そして、いかに潔く自分のものでないものを手放したか、だ。」仏教の教え

"

— Buddhist Saying (via wendesgray)

(Source: thelenaubr, via usaginobike)

July 26, 2014
"

後輩の1人で、ずばぬけて記憶力が優れたメンバーがいるが、彼はまったくメモを取らないらしい。


例えば、樹海のようなファイルサーバー上で、重要ファイルの在処を聞いてもメモを取らない。

何度も、そのパスを探す作業をする中で、頭の中に地図が出来上がっていくということだ。

一度地図が出来上がると、何かにつけ探し出すのが速くなる。


この話を聞いて、

カーナビを使って行った場所は、カーナビなしでは二度と行けない。」

という言葉が思い浮かんだ。


ファイルのパスをおきにいりに入れて仕事をしていると、

ある日おきにいりが消えてしまったときに、どこにあるのか全くわからなくなってしまうことがある。

メモやおきにいりは、頭を使わなくなるのだ。


「余計なことに頭の記憶容量を使うと、ほかの事が覚えられない」などと根拠のない言い方をする人もいるが、

まったくの逆だろう。


人間の記憶は、シナプスの結合の強さによって維持されるという仕組みだから

頭の中は、ハードディスクのように制限容量が決まった器ではなく、使えば使うほど容量が広がる器なのだ。

"

メモを取るのはこの3点だけに絞れ - 山本大@クロノスの日記 (via yellowblog) (via motomocomo) (via kakick) (via xlheads) (via highlandvalley) (via spoonofoil) (via konishiroku) (via etecoo) (via kiri2) (via clione) (via yellowblog) (via usaginobike)

July 26, 2014
"

こういったことを考えているインスピレーションの源は、私の子ども時代の体験とつながっています。私はテキサス州の1000人もいないような小さい街で生まれて、街のほとんどの人は、自分の街に興味が無いような感じだったんです。

石巻で石ノ森章太郎のマンガで街おこしをしているのを見て思い出しました。自分のテキサスの街には、「コナン・ザ・バーバリアン(邦題「コナン・ザ・グレート」)」の著者がいて、そのコナンの物語のファンコミュニティがコナンのミュージアムを街に作りました。それから、私は自分の街をすごく誇りに思うようになったんです。自分の街やコミュニティに対して、理解が深まると自然と街への愛着も出てきます。そのおかげで、私は自分の育った場所に誇りを持てるようになったんです。

私の両親は、そのミュージアムでガイドをしていました。そうすると、こんな牛と牧場しかない街にコナンのファンがフランスとかスペインのような遠いところからやってくるのが、すごく面白かったんです。その体験がイングレスを作ってるところにいかされていると思います。

"

イングレス@石巻レポート3:Ingress開発者ジョン・ハンケ氏インタビュー - Engadget Japanese (via tiga)

(via petapeta)

Liked posts on Tumblr: More liked posts »